うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

ボークス 「マブラヴ」 TMC05 戦術歩行戦闘機 XFJ-01a 不知火・弐型

ボークスからリリースされた「マブラヴ オルタネイティブ トータル・イクリプス」のTMCシリーズ05から、戦術歩行戦闘機 XFJ-01a 不知火・弐型です。

本編は「マブラヴ」と言うシリーズのゲーム・・・なのでしょうか;

実は知りません;

どうやら戦術機と言う位置づけで、人型の戦闘機が活躍するらしいです;

掲載画像は「トータルイクリプス」の主人公機。

(掲載画像のものはスミ入れと部分塗装などを施しています)

ボークスショップ&ホビー天国ウェブ限定の販売だったようです。

f:id:auraclover:20170630180535j:plain

 

ボークスからは、こちらのTMCシリーズとA3シリーズのフィギュアがリリースされていたようです。

ちなみに前者が廉価版。

それに海洋堂リボルテックシリーズからもリリースされていました。

いずれも共通しているのは、いわゆるクリック関節が採用されているところなのですが。

これが何と表現したら良いものか・・・

癖が強いと言うか、取り扱いに慣れやコツがいる関節構造になっています。

関節自体はカチカチと動かせるのですが、全体的に保持力が弱く、まるで何かに怯えているかのように、プルプルしてしまいます;

リボルテックは硬く、保持力が強くなっています)

掲載画像のTMCシリーズで言えば、まず台座などが無ければ自立すら難しい仕様です;

たった一言で言ってしまえば、常時フラフラしています;

リボルテックは簡易台座とエフェクトパーツが、あらかじめ同梱)

スケールは、リボルテックガンプラのHGシリーズよりも一回り大きいぐらい。

武器類は、交換用手首ごとの差し替え。

頭部や飛行ユニットなどの装備品は、浅い軸を差し込むだけなので、ポロポロとよく外れてしまいます;

と同時に、ストレスも溜まってしまいます;

しかしながら造形自体は決して悪くないし、少なくとも一手間加えるだけで、改善されたりもします。

色々と難点は抱えているものの、やれば出来る子なのかもしれません;

なお、すでに壽屋からはプラスチックキットがリリース済みなのですが。

ごく個人的には、あくまでも気に入っています。

f:id:auraclover:20170630182820j:plain

f:id:auraclover:20170630184107j:plain

f:id:auraclover:20170630184124j:plain