うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

くもん出版 NEW くみくみスロープ

くもん出版からリリースされた、NEW くみくみスロープです。

いわゆるスロープトイと呼ばれる、玉転がしを楽しむための知育玩具。

今現在、流通しているものはリニューアル版なので、掲載画像はリニューアル前のものになります。

またリニューアルに伴い、ボリュームアップのための拡張セットなどもリリースされました。

f:id:auraclover:20170704140318j:plain

 

 商品紹介によれば。

ボールが下まで落ちるようにコースを考えて作る遊びをとおして、作り上げる達成感を味わい、集中力や創造性を育てます。

19種類のパーツの組み合わせでさまざまなコースを作ることができます。

 

そんなこんなわけで、まずは付属の解説書に掲載されている作例集を参考に、簡単なものから組み立てることができます。

対象年齢は3歳からなのですが、実際は連結部分の組み立てがギチギチに固くて、幼児の力では、なかなか、ひとりでは遊びづらいかもしれません。

また、パーツ類は大きいものの、ボールがビー玉よりも若干、小さいため、誤飲の可能性もありえるので、幼児期には、見守りが必要になるかもしません。

しかしながら知育玩具としては、もちろんよく出来ていて、しかも丈夫なので、長く遊べるはずです。

余談ですが、ボールとパーツを幾つかばかり紛失してしまった際に、メーカーに問い合わせてみたところ、とても良心的に対応してもらえたことを、今でも記憶しています。

ちなみに、このようなスロープトイは、積み木のような木製のものが多いのですが、こちらのものは組み立てづらい反面、組み立て後はちょっとやそっとでは崩れたりしません。

ボールの流れもゆるやかに、長く眺めていられるように作られています。

なおスロープトイには、その他にも、一定のファンがいて、拡張性や自由度が高い、電動のものもあり、時にはインテリアとして見かけたりもします。

f:id:auraclover:20170704142335j:plain