うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

旺文社 小学正しいドリル シリーズ

旺文社から出版された、小学正しいドリルシリーズです。
学年別に、国数理社それぞれがリリース。
内容は、基礎のみに止まるものの、とても易しいので、子が未就学の頃に、導入として使用していました。
おかげでパパとしては、板書の手間が随分と省けました。
表紙のイラストが、ちょっとなんか、駄菓子か何かっぽいのですが、中身はしっかりとしています。

 

(なお意見や感想には、個人差があります)

☆小学国語 漢字の正しい書き方ドリル

新しく習う漢字の書き方を、一字ずつ丁寧に押えておくためには良いのかもしれませんが。

子がうんざりと嫌がり、結局は使わず終いでした。

(後述の正しい読み書きドリルの方をおすすめします)

書き順を含め、しつこく反復練習を重ねられるものの、読みや熟語に関しては不十分でした。

あくまでも、タイトルのとおりの内容です。

小学国語 漢字の正しい読み書きドリル

わかりやすく実用的なので、おすすめです。

反復練習を強いられないため、さくさくと進めていけます。

なお、こちらのシリーズにおける国語は、現時点では漢字学習だけです。

小学算数 計算問題の正しい解き方ドリル

タイトルのとおり、簡単な計算問題の教科書的な解き方を学習できます。

単元ごとに、解説と穴埋め式の例題、そして練習と言った流れ。

他社のドリルと比べ、単純に問題(類題)数が少なく、次から次へと新しい単元へ移行していけるため、飽きられてしまう以前に楽しめていました。

小学算数 数・量・図形問題の正しい解き方ドリル

タイトルのとおり、簡単な数・量・図形問題の教科書的な解き方を学習できます。

こちらのシリーズにおける算数は、後述の文章題の正しい解き方ドリルを含め、一学年ごとに3冊分。

これらによって、とりあえず基本だけは軽く一周できる内容になっています。

特に計算と図形問題に関しては、わかりやすく、後には得点も伸ばしやすいはずなので、文章題の一冊を後回しにしても、まずは2冊分から終えられると楽になるかもしれません。

小学算数 文章題の正しい解き方ドリル

タイトルのとおり、簡単な文章題の教科書的な解き方を学習できます。

文章題を元に、数直線や図式の穴埋めなどによって、与えられた数量の関係性などを捉えやすく、単元ごとにパターン化してくれています。

つまりは易しく解かせることで慣れ、コツが掴みやすくなっています。

こちらのシリーズの算数については、全3冊をまとめて、おすすめです。