うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

数研出版 考える力がどんどん身につく学ぼう! 算数シリーズ と 準拠版ワーク

数研出版から出版された、考える力がどんどん身につく学ぼう! 算数シリーズと、それらの準拠版ワークです。
前者は自学自習テキストで、後者が準拠した問題集。
小学年(低中高学年)別に、算数のみがリリース。
内容は基礎から標準レベルで、ちょうど小学校の教科書程度。
なので子が未就学だった頃に、算数課程の教科書の代わりとして使用していました。

今になって振り返れば。
基礎の導入後における定着の確認と、教科書範囲である標準レベルを、きちんと把握しておきたかったのだと思います。
また当時は、いちいち段階を踏ませておかなければ、それこそ階段を2段、3段と跳ばし、さっさと先へ、上へと進みたがる恐れがありました。

 

さて、こちらの教材は、予習用としておすすめです。
なぜならば内容が、良くも悪くも、小学校の授業や宿題と、被ってしまうからです。
その上で、補習用としても使えますが。
復習用としては物足りないと言うよりか、むしろ他により良い教材がたくさん出版されています。
しかしながら教科書代わりとして、まるで教科書のように使える教材となれば、実際には選択肢が少ないのです。
もちろん教科書と丸かぶりの内容であったり、あらかじめタイトル内に「教科書」と言う語句を含むような教材やガイドなども、それなりにありますが。
こちらの教材は、あくまでも教科書範囲内ではあるものの、あえて自学自習テキストと標榜する独自の工夫が見られました。(但し、反復のスパイラルを良しとする編成は、文科省の指導要領に基づく考え方です)
つまりは先行しておくのであれば、タイミングを選ばない教材です。