うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

バンダイ ウルトラマンジード DXウルトラゼロアイNEO

バンダイからリリースされた、DXウルトラゼロアイNEOです。
劇中に登場する、ウルトラマンゼロ ビヨンドの変身アイテムであり、別売りのDXジードライザーに装着することで、ゼロアイNEOモードが完成。
簡単に言ってしまえば、単体でも遊べる変身アイテムであると同時に、DXジードライザーの拡張アイテム。
昨今のボーイズトイとしては比較的、安価でありながら、とても良心的な商品だと思いました。
[セット内容]
・ウルトラゼロアイNEO…1
・ニュージェネレーションカプセルα…1
・ニュージェネレーションカプセルβ…1
なおウルトラカプセルの底面部にある、認識用ピンの配列は、DXウルトラゼロアイNEOおよびゼロアイNEOモードでは読み込みません。

f:id:auraclover:20170826165508j:plain

 

まず付属のニュージェネレーションカプセルは、あらかじめ歴代ウルトラマンから2人分のフォームを有しているため、変身後のゼロ ビヨンドは実質4人分のフォームの融合体になるようです。
なので劇中の変身バンクはもちろん、変身音声や必殺技音声なども、ちゃんと4人分が用意されていました。
そしてゼロアイNEOモードでは、ウルトラカプセルの読込後に、ウルトラマンゼロの台詞が追加されます。
それらの他にも、まだ公開されていない追加要素がありそうでしたが。
(一例として、セブンも含むゼロ系のカプセルを続けて読み込めば、フュージョンアップが発動するなど)
なお取扱説明書はありません。(パッケージや公式HPを参照)

まずDXウルトラゼロアイNEO単体では、変身音と台詞の音声機能しかありません。
しかしながら劇中プロップと変わらない外観と、ウルトラマンセブンから脈々と受け継がれてきたサングラス型の伝統的なデザインは、子には大変に喜ばれました。
どうせ、すぐに飽きてしまうのでは、と懸念していたシンプルな動作に関しても、逆に取り扱いやすいと好意的に受け入れられていました。
おそらく近年の変身アイテムは、その操作手順が面倒になる一方であることと、変身シークエンス(顔の前に掲げる)が模倣しやすく、まるで本当に変身できたような(客観的に顔の半分が変身アイテムで覆われ、本人にしてみれば色眼鏡を通した視界になる)、それこそ、なりきりアイテムの醍醐味を感じられた様子でした。
それらに加え、ゼロアイNEOモードの拡張性はもちろん、付属のニュージェネレーションカプセルも、既出のウルトラカプセルとは明確に一線を画し、プレイバリューを大幅に拡大しています。
なにより既出のDXジードライザーに対し、どうしても感じられていた物足りなさが、これにより完全に払拭されました!
夏休みの終わりに、子が大喜びで、パパとしても本当に満足です。

f:id:auraclover:20170826165634j:plain

f:id:auraclover:20170826165650j:plain

f:id:auraclover:20170826171512j:plain

f:id:auraclover:20170826165727j:plain

f:id:auraclover:20170826165742j:plain