うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

海洋堂 リボルテック No.107 ARX-8 レーバテイン 最終決戦仕様

海洋堂からリリースされた、リボルテック No.107 ARX-8 レーバテイン 最終決戦仕様です。
リボルバージョイントと言う球体のクリック関節を採用した、いわゆる可動フィギュア。

フィギュア詳細は、下記のとおり。
フィギュア全高:約125mm
ブースター全幅:約245mm
フィギュア可動箇所:全18箇所
ブースター可動箇所:全5箇所
フィギュアジョイント使用数:全16個
ブースタージョイント使用数:全3個

f:id:auraclover:20170925170804j:plain

付属品は、下記のとおり。
XL-3緊急展開ブースター×1
20mmガトリング式機関砲×2
ボクサー57mm散弾砲×2
40mmアサルトライフル×2
敬礼用オプションハンド×1
散弾砲用右オプションハンド×1
デモリッション・ガン装填パーツ×1
緊急展開ブースター用クリア支柱×1
エフェクトベース×1
デモリッション・ガン×1
ガンハウザーモード用砲身×1
ショットキャノン×1
肩部増設ユニット×2
単分子カッター(収納&格納状態)×各2
対戦車ダガー×2
榴弾×2
肩用接続パーツ×1
ロボットアーム(肩用×1、胸用×2)
オプションヘッド×1
オプションハンド×5
リボコンテナ1個

要するに、お腹いっぱい!

f:id:auraclover:20170925170855j:plain

 

掲載画像のとおり、付属品の内容量が多く、フル装備の状態においては、可動がとても限られ、専用の台座を使った上でも、なかなか安定しません。
(可動を妨げるような装備を除けば、フィギュア本体の可動に準じ、もちろんよく動きます)
なおレーバテインに関しては、同シリーズにおいても複数のバージョンと、他のメーカーからも、すでに色々なものがリリース済みなのですが。
最終決戦仕様については、リボルテックROBOT魂だけの展開でした。

ごく個人的に、たった一言で感想を言ってしまえば。
これはもう、まるで浪漫の詰め合わせでした。

f:id:auraclover:20170925170927j:plain

f:id:auraclover:20170925171000j:plain

f:id:auraclover:20170925171022j:plain

f:id:auraclover:20170925171040j:plain

f:id:auraclover:20170925171058j:plain