うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

ダイソー プチブロック(PETIT BLOCK) 野生生物(サファリ)2 ライオン

ダイソーからリリースされた、プチブロック(PETIT BLOCK)の野生生物(サファリ)2から、ライオンです。
たった一言で言ってしまえば、いわゆるブロック。
具体的にはナノブロックなどで知られる、レゴブロックなどよりは小さなブロックです。

ちなみに同業他社のSeria(セリア)からは、Micro Block(マイクロブロック)と言うシリーズがリリースされています。
なお、セリアのマイクロブロックのレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

掲載画像のものは、余剰パーツを利用し、取扱説明書に記載された作例とは若干、異なります。

f:id:auraclover:20171006094749j:plain

 

まずは、取扱説明書の表面から。
日本語と英語による注意書きを除き、組み立ての手順に関しては、イラストで説明してくれています。

f:id:auraclover:20171006095331j:plain

続いて、取扱説明書の裏面。

f:id:auraclover:20171006095436j:plain

なんとボールジョイントが採用されているので、口の開閉ができます。
また余剰パーツを利用することで、掲載画像のように、尻尾などに可動部位を設けることもできます。

f:id:auraclover:20171006095748j:plain

セリアのマイクロブロックと比較すると。
ダイソーのプチブロックの方が、対象年齢(12歳以上)が高く設定されているため、子供の年齢によっては作りづらさを感じてしまうかもしれません。
しかしながら、あらかじめ設計段階において、組み立て後の可動が考えられているなどの、さりげない工夫が見受けられました。
(例えば乗り物などは、タイヤが回るようになっています)
オマケに余剰パーツ数は、セリアのマイクロブロックの方が、多く残ります。

f:id:auraclover:20171006101832j:plain

それから、両者の互換性について。
掲載画像からは、わかりづらいかもしれませんが若干、大きさが異なります。
ブロックの凹凸も微妙に異なるものの、実際には組み合わせられる程度の違いでした。
下記の掲載画像の左側、ブラウン色がダイソーのプチブロックで、右側のホワイト色がセリアのマイクロブロックです。

f:id:auraclover:20171006102214j:plain

以上、お疲れ様でした。