うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

バンダイ ロボカップトイズ フィールドコマンダー RCT−01B (ホームカラー/ホワイト&ブルー)

バンダイからリリースされていた、ロボカップトイズ「フィールドコマンダー」RCT−01B(ホームカラー/ホワイト&ブルー)です。
リリース時期は、2001年頃の、いわゆるレトロトイですが。
当時のバンダイ、タカラ、トミーの3社による共同プロジェクトから開発、製品化された、赤外線リモコンによる、遠隔操作型サッカーロボットです。

ロボカップおよびロボカップトイズに関する、前回のレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

ごく個人的に、ロボカップトイズのシリーズは、現行のボーイズトイと比較しても、勝るとも劣らない、名作だったと思います。

f:id:auraclover:20171223002408j:plain

冬休み中の、子への制作課題として「アウェイカラー/ブラック&レッド」も同時に購入したので、後日にまたレビューを書くかもしれません。

 

まずは、パッケージから。
経年劣化により色褪せてしまっていましたが、中身は未開封のまま、新品同様。

f:id:auraclover:20171223003836j:plain

パッケージの背面。

f:id:auraclover:20171223003916j:plain

側面。

f:id:auraclover:20171223004050j:plain

セット内容。

f:id:auraclover:20171223004122j:plain

遊び方。

f:id:auraclover:20171223004203j:plain

互換性について。

f:id:auraclover:20171223004321j:plain

3社共同プロジェクトの開発背景。

f:id:auraclover:20171223004444j:plain

そして、開封。
掲載画像のとおり、とてもボリュームがあります。

f:id:auraclover:20171223004539j:plain

続いて、付属のシール。

f:id:auraclover:20171223004653j:plain

取扱説明書。

f:id:auraclover:20171223004742j:plain

組み立ての際には、付属のツールのみを使用するため、工具を用意する必要はありません。

f:id:auraclover:20171223004821j:plain

なお半田付けのような作業工程もありません。

f:id:auraclover:20171223005115j:plain

実際に遊ぶ際には、バンドの設定により、8台までが同時にプレイできます。

f:id:auraclover:20171223005259j:plain

リモコンは、ラジコンに使われるようなプロポではなく、むしろゲームのコントローラーに寄っています。

f:id:auraclover:20171223005514j:plain

公式ルールと、時代を先取っていたオープンアーキテクチャについて。

f:id:auraclover:20171223005647j:plain

終わりに、FAQ。

f:id:auraclover:20171223005848j:plain

そして、完成!

f:id:auraclover:20171223010057j:plain

計三輪ですが、内一輪により、小回りが利く方向転換を可能にしています。

f:id:auraclover:20171223010302j:plain

スケールの参考としては、掲載画像の右にあるボディカウルが、おおよそタミヤミニ四駆と同じぐらいです。

f:id:auraclover:20171223010540j:plain

完成形です。
3社の中では、やはりバンダイらしく、もっともヒロイックなデザインでした。

f:id:auraclover:20171223010815j:plain

以上、おつかれさまでした。