うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

みくに出版 データランキングシリーズ 出題頻度順問題集

みくに出版からリリースされていた、データランキングシリーズの出題頻度順問題集です。
ごく簡単に紹介してしまえば、中学受験用の教材。

前回のレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

国数理社、それぞれの科目ごとに、更に分野別に分冊されています。
おそらくは10〜20年前から、リリースされてきた問題集なので、古い教材と言えます。
現行としては「中学入試よくでるランキング」と言う問題集として、数年ほど前から刷新され始めましたが。
現時点においては、まだ出揃っていません。
つまりは古い教材ではあるものの、すでに出揃ってくれているため、過去の出題範囲および傾向などを、一目瞭然に把握できます。

f:id:auraclover:20180211065446j:plain

なお科目ごとに内容が異なり、冊数も多いので、今回のレビューは、算数のみ。

 

ごく個人的には、子の登校前の、ちょっとした日課として、導入しました。

f:id:auraclover:20180211065822j:plain

以前には、同出版社からリリースされていた「マスター1095題 一行計算問題集」と「漢字マスター1095題」、それに「計算と熟語」を併用していました。

auraclover.hatenablog.com

あらかじめから解答・解説は、分冊。

f:id:auraclover:20180211070709j:plain

過去の入試問題を寄せ集め、実に、よくまとめてくれています。

f:id:auraclover:20180211070921j:plain

文章題ランキングのもくじ

f:id:auraclover:20180211071519j:plain

いわゆる特殊算ばかりです。
なお特殊算に関しては、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

計算問題ランキングのもくじ

算数とは言え、整式はもちろん代数などを含み、すでに計算手順や単位換算などに習熟したことを前提としています。
また規則性や対称性などの発見に疎ければ、長考したところで解けないであろう問題も散見しました。

f:id:auraclover:20180211071845j:plain

図形問題ランキングのもくじ

今年の、自校作成校の入試問題をざっくりと眺めてみたところ、もっともよく出題されていた分野だった印象があります。
算数においては、あらかじめ図表を添えられた出題が多く、大問として得点を稼ぎやすい、と同時に、まず落としてはいけないところなのでしょう。

f:id:auraclover:20180211074359j:plain

数と場合ランキングのもくじ

こちらの分野は、問題数としては多く出題されないものの、思考力を問う意図から、発展、独自問題として、よく見かけます。
また数学A以降の範囲にまで至り、市販の問題集も多くはないので、大事に消化しておきたいところです

f:id:auraclover:20180211080243j:plain

以上、おつかれさまでした。