うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

学習研究社 陰山英男の真の学力がつくシリーズ 考える算数 考える社会科

学習研究社からリリースされていた、陰山英男の真の学力がつくシリーズ「考える算数」と「考える社会科」です。
ごく簡単に紹介してしまえば、公立小学校高学年の教科書の内容を深化、補完した参考書。
シリーズとしては、全4冊。
約10年前に出版されて以降、今現在も改訂されていません。

過去のレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

著者は、小学生向けの市販教材において定評がある、陰山メソッドでお馴染みの陰山英男氏。
また著者の文言から、要約すれば。
軽くなった教科書に我慢できず、日本人の教養の崩壊に気づいた危機感から、制作したとのこと。
実際に教職を経た上で、出版当時も教育に携わっていたにも関わらず、あえて踏み込んだ苦言を書かれていました。

f:id:auraclover:20180420011903j:plain

ごく個人的に、教科書の薄さについては同感でした。
それらの内容に関しては、たった一言で表現してしまえば、スッカスカでした。
職業教育者である著者にしてみれば、国際的な観点から、他国の教科書と比較した上で、なおヤバいと思えたのでしょう。
ごく個人的には、それらに関し、予めから、何ら問題意識を持ち合わせていません。
(意見や感想には個人差があります)

 

まずは、あえて帯から。

f:id:auraclover:20180420012454j:plain

考える算数 数と式編

f:id:auraclover:20180420012618j:plain

数量関係編

f:id:auraclover:20180420012907j:plain

考える算数 図形編

f:id:auraclover:20180420012959j:plain

計量編

f:id:auraclover:20180420013041j:plain

特徴と使い方

f:id:auraclover:20180420013135j:plain

考える社会科 日本の歴史

f:id:auraclover:20180420015222j:plain

f:id:auraclover:20180420015318j:plain

考える社会科 日本の地理

f:id:auraclover:20180420015405j:plain

f:id:auraclover:20180420015442j:plain

著者の意気込みは別として、とりあえず国語と理科がありません。
そして内容としては、あくまでも教科書の延長なので、中学入試問題には及びません。
中学受験においては、すでに知っていて当たり前の、基礎の範囲内に止まります。
そもそも教科書に求められる内容なんて、予め、そのようなものなのかもしれません。
ましてや制度としての義務教育により、不受験のまま中学進学を選択することもできます。
9年間にも渡る長い年限を、はたして、どのように過ごそうが、もちろん人それぞれなのでしょう。

以上、おつかれさまでした。