うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

バンダイ 創動 仮面ライダービルド BUILD10 仮面ライダーエボル

バンダイからリリースされた、創動 仮面ライダービルド BUILD10から、仮面ライダーエボルです。
ごく簡単に紹介してしまえば、食玩の可動フィギュア。
2種集めることで、全身約18箇所可動のアクションフィギュアが完成。

前回のレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

さて、創動 仮面ライダービルド BUILD10のラインナップは、下記のとおり。
●プラスチック完成品一式(全8種)
1.仮面ライダーエボル〔クロスアーマーセット〕
2.仮面ライダーエボル〔アクションボディセット〕
3.クジラハーフボディ〔A-SIDE〕
4.ジェットハーフボディ〔B-SIDE〕
5.キリンハーフボディ〔A-SIDE〕
6.扇風機ハーフボディ〔B-SIDE〕
7.ハザードボディ(タカ)〔A-SIDE〕
8.ハザードボディ(ガトリング)〔B-SIDE〕
●ラムネ菓子1個

今回のレビューは「1.仮面ライダーエボル〔クロスアーマーセット〕」と「2.仮面ライダーエボル〔アクションボディセット〕」の組み合わせによる『仮面ライダーエボル』のみです。

f:id:auraclover:20180626050735j:plain

なお掲載画像の作例は、部分的に塗装を追加してあります。

 

まずは、パッケージから。

f:id:auraclover:20180626050850j:plain

パッケージの背面

f:id:auraclover:20180626051040j:plain

続いて、開封。

f:id:auraclover:20180626051112j:plain

2.仮面ライダーエボル〔アクションボディセット〕には、エボルラビットに換装するための、頭部が付属。

f:id:auraclover:20180626051318j:plain

そして組立後の、完成形。

f:id:auraclover:20180626051452j:plain

素組み + シールの貼付けのみによる作例。

f:id:auraclover:20180626051548j:plain

予めメタリックな成型色が良く、シールに頼らざるをえない部分が多いデザインでしたが、本編のイメージを決して損なわない、実に見事な出来栄えでした。

f:id:auraclover:20180626052346j:plain

これまでの創動シリーズにおいては、間違いなく最上位の完成度です。

f:id:auraclover:20180626052525j:plain

終わりに、ざっくりと塗装を追加してみた作例。

f:id:auraclover:20180626052922j:plain

仮面ライダーエボル コブラフォーム(フェーズ1)

f:id:auraclover:20180626053215j:plain

部位によっては、やはりブラッドスタークの特徴が伺えます。

f:id:auraclover:20180626053429j:plain

初見時から、素直に、格好良い仮面ライダーだと思いました。

f:id:auraclover:20180626053645j:plain

本編では、すでにブラックホールフォーム(フェーズ4:完全体)がお披露目され、創動シリーズにおいても、来月末にはリリースが予定されています。

f:id:auraclover:20180626054130j:plain

以上、おつかれさまでした。

来月(7月)末に発売予定のBUILD11は、全8種。
ラインナップは、下記のとおり。
1.仮面ライダービルド ジーニアスフォーム〔クロスアーマーセット〕
2.仮面ライダービルド ジーニアスフォーム〔アクションボディセット〕
3.仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム〔クロスアーマーセット〕
4.仮面ライダーエボル ブラックホールフォーム〔アクションボディセット〕
5.仮面ライダーマッドローグ〔クロスアーマーセット〕
6.仮面ライダーマッドローグ〔アクションボディセット〕
7.サメハーフボディ〔A-SIDE〕
8.バイクハーフボディ〔B-SIDE〕