うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

旺文社 中学総合的研究高校入試問題集 数学図形読解 理科計算問題

旺文社からリリースされた、中学総合的研究高校入試問題集から、数学図形読解と理科計算問題です。
ごく簡単に紹介してしまえば、中学3年間分の範囲を網羅し、定期テスト対策から難関高校入学試験まで、幅広い用途で使用できる受験教材。
同シリーズについては、教科別に参考書と問題集が分冊され、それぞれに改訂を重ねています。

過去のレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com同シリーズの中でも、特に『数学図形読解』と『理科計算問題』は、表題の通りにコンセプト色を強めた問題集です。
なお『社会資料読解』もありましたが、出版年が古いため、今回のレビューでは触れません。f:id:auraclover:20210724224403j:plain難易度は、旺文社の市販教材としてはめずらしく高く、一般的に難関と言われる高校の過去問が少なくありません。
まず『数学図形読解』は、「図形を読み解く」と言ったコンセプトから、良問ばかりを丁寧に取り扱っています。
次に『理科計算問題』は、基礎知識を組み合わせて考えられるように、分野ごとの克服方法を提示しています。
そして同シリーズの参考書に関しても、きちんと取り組みさえすれば、以降の得点源として、学力の向上が見込めるはずです。(意見や感想には個人差があります)

 

まずは、『数学図形読解』から。f:id:auraclover:20210725023731j:plain目次『数学図形読解』f:id:auraclover:20210725023658j:plain

続いて、『理科計算問題』の特長と使い方。f:id:auraclover:20210725023807j:plain目次『理科計算問題』f:id:auraclover:20210725023855j:plain

なお「問題集」と「解答と解説」は、互いに別冊として、2分冊されています。

せっかくコンセプト色が濃い問題集なので、更に具体的に触れておくと。
『数学図形読解』については、下記の5点に注力しています。
1.図をかく力
2.図を読み取る力
3.補助線を引く力
4.3次元を2次元に、2次元を3次元に見る力
5.証明を書く力
また作法として、とにかく作図ができるようになることを目的にしています。
そのため独自問題を含め、出題ごとに収録の意図が明確に示されています。
『理科計算問題』についても同様に、予め習得すべき方針が、具体的に提示されています。
長い目で見ても、重点的に学習しておけば、以降の得点および学力に反映され易く、きっと自信にも繋がるはずです。(意見や感想には個人差があります)

以上、おつかれさまでした。