うたかたの日々

育児中のパパ目線から、日々買わされるボーイズトイや教材などのレビューを書いていきます。

日本評論社 数学完全ガイダンス

日本評論社からリリースされていた、数学完全ガイダンスです。
ごく簡単に紹介してしまえば、大学入学以降の数学の学び方についてのガイド。
但し20年ほど前に刊行された、いわゆる古書です。
当時の『数学セミナー』に寄稿された記事から精選、まとめられたものです。
おそらくは巻末の『全国数学関係大学院紹介』を除けば、今でも手引きになるでしょう。
(意見や感想には個人差があります)

過去のレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

表紙にもあるとおり、本書は「数学ビギナー」を読者として想定しています。
ここで言う「数学ビギナー」とは、おおよそ理系の中高生から大学生です。
とりあえず数学検定1級を合格できる程度の学力があれば、おそらくは自学や進路などの参考になるはずです。

f:id:auraclover:20200514013921j:plain

いつからか書架に収まっていた一冊でしたが、子の臨時休校をきっかけに手渡すことになりました。
これから数学とどのように向かい合うべきか、と言うよりも。
むしろ、これから数学にどれだけの時間を費やすべきか、と言うことについて、そろそろ考えておいて欲しかったからです。
休校に入ってからは、競技プログラミングなどを通し、純粋系の数学とは異なる、実用的な数学の需要を知る機会も得られるようになりました。
また、これらにより色々と説明しておかなければならない面倒が省けました。
(意見や感想には個人差があります)

 

続きを読む

インプレス アルゴリズムを、はじめよう

インプレスからリリースされていた、「アルゴリズムを、はじめよう」です。
たった一言で言ってしまえば、アルゴリズムの入門書。
ジャンルとしては開発技法の入門書ではあるものの、本当に初心者向けです。
文系の著者による目線から、とにかく易しくするべく咀嚼されたのでしょう。
全体的にフォントサイズが大きいことに加え、図解が多く、読み物としては読者を選ばないはずです。
また同社からは、著者が異なるものの、対となる「プログラミングを、はじめよう」がリリースされています。

過去のレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

基本情報技術者試験の出題範囲から、線形探索法(リニアサーチ)、二分探索法(バイナリサーチ)、ハッシュ探索法、単純交換法(バブルソート)、クイックソート、エラトステネスのふるい、ユークリッドの互除法、単純選択法(選択ソート)、単純挿入法(挿入ソート)と言った、9つの定番アルゴリズムについて解説しています。

f:id:auraclover:20200521063505j:plain

家庭内でプログラミング関連の話題になると寂しそうにしていた、妻のために手渡した一冊でした。
読後の感想としては「これは、わかりやすかった」と言っていました。
因みにユークリッドの互除法であれば、高校数学の範囲内であり、中学入試の過去問でも散見されました。
おかげで、とりあえず「アルゴリズムとは何か?」を知れたようですが。
本書は、妻がプログラミング学習のために書いていたノートの中身と似ていました。
だから良くも悪くも、そういうことなのだと思います。

 

続きを読む

東京出版 算数/プラスワン問題集

東京出版からリリースされていた、算数/プラスワン問題集です。
中堅校受験を目指す6年生の弱点補強に、難関校を目指す5年生の基礎力整備に、4部構成の問題集。
分野別ではなく、1題1テーマの問題形式で、典型的な良問や考え方に一通り触れ、解き方のイメージを訓練すると言ったコンセプト。
初版は2000年頃で、表題や表紙、それに本文に至るまで飾り気はありませんが、中学受験入試問題集としては評価が高かった一冊です。

過去のレビューは、下記のリンクから。

auraclover.hatenablog.com

まず取り掛かる前に、第1部(基礎講義)が用意されています。
1.実戦的「分数倍」の威力
2.書いて考える・書きながら考える(パート1)
3.書いて考える・書きながら考える(パート2)
4.図形の基本性質(角度・長さ・面積・体積)
5.体積を計算する応用公式
市販教材では見られないような書かれ方により抽出され、実によくまとめられています。
著者のプロフィールによれば、少人数制の算数・数学教室を運営、難関中学受験のための算数および入学後の中学数学の指導にあたっていたらしく、確かに手練れた印象を受けました。
また索引に特長があり、分野別、テーマ別、解法別に検索できます。

f:id:auraclover:20200519040516j:plain

第1部に関しては、基礎講義とされてはいるものの、すでに教科書の各分野に関しては学習済みであることを前提とした、中学入試に対応するための基礎です。
例えば図形や立体であれば、切断や展開、そして変形について取り扱われています。

 

続きを読む